>

資本金0円から出来るスタートアップ

企業と同時に始まる出費

事業の種類にもよりますが、店なり事務所なりを構えてお客様を呼び込んでサービスをしようとすれば、事業を始めた瞬間に出費が始まります。
家賃、光熱費、交通費などなど事業を回すのにお金が必要になるのです。
資金をいくら調達していようとも早く事業で黒字を出さない限りすぐに会社は潰れてしまいますね。
また忘れてはいけないのが自分の人件費です。
収入がなければ生活ができません。
サービスを考え、確実に利用してくれる客層がいることを確認し、確実に黒字に持っていける収支計画を立てる。
事前の準備に準備を重ね、よくよく精査した上でもうこれ以上絶対に考えるべきところは残っていないという状態までもっていってやっと会社を作ることができるのです。
以前より手続きは簡単になったとはいえ、起業というのは未だに生半可なものではないのです。

勝ちながら会社を起こす

しかしながら必ずしも会社を作ることだけが起業とは言いません。
登記をして会社を作るのに手続き上最低でも20万円は必要になりますし、その他の経費をかけて最初からきちんとした会社を作るのはリスクが高い。
お金はないけどアイデアはあるというのなら、サービス提供の仕方は様々です。
例えば事務所などは構えず、インターネットで仕事を受注するようにしても、少しずつ実績を出すことができます。
小さな仕事からコツコツ積み重ねることで資金と知名度を貯めていき、最終的に会社として立ち上げるというのも一つの企業の形ではないでしょうか。
実績と資金があれば銀行から融資を受けやすくなりますし、いろんな人が資金を出してくれるようになるでしょう。
初期費用をかけなければリスクとなるのはあなたの時間だけ。
夢のための挑戦を小さなことから始めてみてはどうでしょうか。


この記事をシェアする